ここから本文です

安保瑠輝也が山崎秀晃と壮絶ド突き合いの末、KO勝ち【12・8 大阪K-1】

12/9(日) 3:02配信

TOKYO HEADLINE WEB

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~」(12月8日、大阪・エディオンアリーナ大阪 第1競技場)で行われたスーパー・ライト級スーパー・ファイトで安保瑠輝也が山崎秀晃を延長ラウンド14秒でKOで倒した。

 1R、山崎がロープに詰めてパンチの連打でラッシュをかけるが、瑠輝也も打ち合いに応じ、左フックで先制のダウン奪う。2Rは瑠輝也がキックで攻め込むと、山崎はパンチで対抗。打ち合いから今度は山崎が左フックでダウンを奪い返す。しかし山崎の右目の下は安保の攻撃で大きくはれ上がる。

 3Rスタートと同時にドクターチェックが入るが試合は続行。山崎はパンチの連打で瑠輝也を追い込むも瑠輝也はがっちりガードを固め、しのぐと打ち合いに応じ、こちらも左右のフックを打ち返す。最後まで互いに下がらず打ち合うが、瑠輝也の左フックが山崎をとらえる場面が多く、山崎の右目は限界寸前。3R終了時点ではジャッジ3者とも28-28で延長ラウンドへ。瑠輝也は狙いすました左ハイ一閃。山崎はガードしたものの、踏ん張りがきかずダウン。ここでレフェリーが試合を止めた。

 ウェルター級スーパーファイトに出場した野杁正明は松岡力に1R1分57秒、KOで勝利を収めた。野杁はローで様子を見ながら、接近戦に持ち込み右フックでダウンを奪う。立ち上がった松岡に再び右フックを浴びせダウンを奪い、貫禄の勝利となった

 野杁は試合後のマイクで「ウェルター級は今すごく盛り上がっていて、来年の3月、誰と見たいですか? 僕はチャンピオンよりも強いと思っているピケオー選手とやりたいと思っています。ピケオーを倒せるのは僕しかいないと思うので、ピケオーとお願いします」と「K’FESTA.2」でのジョーダン・ピケオー戦をアピールした。

 ちなみにウェルター級の現王者は松岡の所属するK-1ジム五反田チームキングスの久保優太。

 野杁は試合後の会見で改めて「僕はチャンピオンよりピケオー選手のほうが強いと思っている。久保選手は対戦したこともありますし、一般的に見て僕とピケオーとやったほうが価値があるんじゃないかなと思っています。ベルトはもちろん欲しいが、城戸選手が挑戦したいとずーっと言っているんで、そこは譲って。順番待ちなんで(笑)」と城戸康裕のタイトル挑戦をプッシュする格好となった。

最終更新:12/9(日) 3:02
TOKYO HEADLINE WEB

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ