ここから本文です

【カペラS】サブちゃん所有 キタサンミカヅキは惜しい3着

2018/12/9(日) 21:40配信

競馬のおはなし

歌手の北島三郎さんが所有するキタサンミカヅキはゴール前しぶとく伸びてきて3着に飛び込んだ。前半33.3とかなり速いペースも苦にすることなく、先行集団の後ろで前をうかがい、ゴール前は大外から来たコパノキッキングのキレに屈する形になったが、他馬より重い58キロを背負いながらもしぶとく伸び格好はつけた。鞍上の森泰斗騎手も「2キロ重い分ですね」と斤量差の影響が最後の末に影響したと悔やんでいた。

3着 キタサンミカヅキ
森泰斗騎手
「ポジションとしては良いかなと思いました。(他馬より)2キロ背負ってる分そんなにキレなかった。理想的にいい競馬はできたけど、中央の重賞は甘くないですね」

レース結果、詳細は下記のとおり。

9日、中山競馬場で行われた11R・カペラステークス(G3・3歳上オープン・ダ1200m)で1番人気、柴田大知騎乗、コパノキッキング(せん3・栗東・村山明)が快勝した。3/4馬身差の2着にサイタスリーレッド(牡5・栗東・池添兼雄)、3着に2番人気のキタサンミカヅキ(牡8・船橋・佐藤賢二)が入った。勝ちタイムは1:10.2(良)。

JBCスプリント3着からの参戦

またしても3歳世代が古馬を撃破した。コパノキッキングはスタートから最後方になるも、前半を33.3と速いペースでレースは進み後方待機勢にも十分チャンスはあった。直線に向いてから大外に持ち出されると、先行各馬をあっという間に飲み込み全馬ごぼう抜きした。

コパノキッキング 8戦6勝
(せん3・栗東・村山明)
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:Gold Halo
馬主:小林祥晃
生産者:Reiley McDonald

【全着順】
1着 コパノキッキング
2着 サイタスリーレッド
3着 キタサンミカヅキ
4着 タテヤマ
5着 ヴェンジェンス
6着 オウケンビリーヴ
7着 ダノングッド
8着 ハットラブ
9着 キングズガード
10着 ネロ
11着 ウインムート
12着 オールドベイリー
13着 ナンチンノン
14着 ヒカリブランデー
15着 ノボバカラ
16着 ブラゾンドゥリス

※主催者発表のものと照らし合わせください

最終更新:2018/12/9(日) 21:56
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事