ここから本文です

11番が値千金バイシクル弾!アーセナルがハダースフィールドに競り勝って14戦無敗

12/9(日) 2:02配信

ゲキサカ

[12.8 プレミアリーグ第16節 アーセナル1-0ハダースフィールド]

 プレミアリーグは8日、第16節を行った。アーセナルはホームでハダースフィールドと対戦し、1-0で勝利した。

 13日にヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ最終節カラバフ戦を控えているが、すでに首位通過が決まっているアーセナル。5日のマンチェスター・ユナイテッド戦から3人を入れ替え、DFステファン・リヒトシュタイナーとMFグラニト・ジャカ、FWアレクサンドル・ラカゼットを起用した。

 アーセナルは前半30分、MFマテオ・グエンドゥジが中央に折り返すと、フリーのラカゼットが右足を振り抜くが大きくふかしてしまう。42分には、GKベルント・レノのゴールキックからFWピエール・エメリク・オーバメヤンが頭でそらし、相手のバックパスに反応したラカゼットがGKヨナス・レッスルをかわして無人のゴールに流し込んだが、オフサイドの判定。前半をスコアレスで終えた。

 前半は両チーム合わせて7枚のイエローカードが出る荒れた展開となった。アーセナルは後半開始からラカゼットとリヒトシュタイナーを下げ、FWアレックス・イウォビとMFヘンリク・ムヒタリアンを投入。27分、ジャカの右CKからファーサイドに流れたボールをオーバメヤンが頭で合わせたが、惜しくも枠を外した。

 後半29分にアーセナルにアクシデント発生。DFシュコドラン・ムスタフィが右腿裏あたりを痛め、DFナチョ・モンレアルとの交代を余儀なくされた。

 交代カードを使い切ったアーセナルだが、後半39分にグエンドゥジがゴール前に浮き球パスを供給すると、PA右でキープしたオーバメヤンが中央にふわっとしたボールを送り、MFルーカス・トレイラが右足バイシクルシュート。第14節トッテナム戦で移籍後初ゴールを決めた11番が先制のゴールネットを揺らした。

 試合はこのまま1-0でタイムアップ。アーセナルがリーグ戦14試合負けなし(10勝4分)とした。

最終更新:12/9(日) 2:02
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ