ここから本文です

青学大、箱根5連覇へ「ゴーゴー大作戦」 原監督「カギは5区。ライバルは5番」

2018/12/11(火) 6:00配信

デイリースポーツ

 来年1月2、3日に行われる第95回東京箱根間往復大学駅伝に出場する23チームのエントリー選手(各16人以内)が10日、発表された。中大、日体大に続く史上3校目の総合5連覇がかかる青学大の原晋監督(51)は、恒例のスローガンとして「ゴーゴー大作戦」をぶち上げ、「15年指導してきて過去最高のチームに仕上がった」と自信をのぞかせた。今回は記念大会で出場チームが2校増の23チームが参加。10区間のエントリー選手は29日に決まる。

 原監督は「名付けて『ゴーゴー大作戦』です」と毎年恒例の作戦名を発表すると、ゴールドフィンガーのごとく指を突き立てた。「ア~チチ、アチって。郷ひろみさんじゃないけど燃えたぎっている」。

 監督就任15年目で5連覇が懸かり、「カギは5区の山上り。覚悟を持って。ライバルはゼッケン5番の東海大」と、強引な語呂合わせもここまでくれば痛快。早くも来年3月17日には優勝報告会を予定していることも明かした上で「優勝したら郷さんにも来てほしい」とラブコールを送った。

 出雲、全日本に続いて、史上初となる2度目の大学駅伝3冠にも王手だ。東洋大、東海大との優勝候補“御三家”の中でも選手層は突出しており、エントリー選手上位10人の1万メートル平均タイムは28分43秒93と全チーム中トップ。「過去最高のチームに仕上がった」と“億千万の胸騒ぎ”を抑えつつ、あとは号砲を待つのみだ。

最終更新:2018/12/11(火) 7:47
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事