ここから本文です

ノーベル賞の受賞式、本庶佑さん和服姿で。川端康成以来、50年ぶり

2018/12/11(火) 15:10配信

BuzzFeed Japan

ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑・京大特別教授が12月11日未明(日本時間)、スウェーデンのストックホルムで開かれた授賞式に出席しました。【吉川慧 / BuzzFeed Japan】

【写真】「紋付袴」の和服姿で授賞式・晩餐会に臨む本庶さん

本庶さんは、日本の礼装である「紋付袴」の和服姿で出席しました。

スウェーデンのカール16世グスタフ国王から賞状と記念メダルが授与され、固い握手を交わしました。

受賞式の後は晩餐会へ。大勢の中でも、和服姿が映えます。

ノーベル賞受賞式では燕尾服やドレスの着用が通例ですが、各国の民族衣装でも出席できます。

日本のノーベル賞受賞者でも、かつて和服姿で受賞式に出席した人がいました。

1968年にノーベル文学賞を受賞した文豪、川端康成です。本庶さんと同じく、晩餐会にも和服姿で出席しました。

半世紀の時を超え、ノーベル賞に和服姿がよみがえりました。

最終更新:2018/12/11(火) 15:10
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事