ここから本文です

仮想通貨を利用した寄付型ポータルサイト「DREAM CREW」スタート

2018/12/11(火) 17:13配信

TOKYO HEADLINE WEB

 株式会社NEGTECが設立した株式会社ドリームキッカーが全世界へ向けて展開する寄付型ポータルサイト「DREAM CREW(ドリームクルー)」のスタートが12月10日、都内で発表された。

 DREAM CREWは、株式会社NEGTECが発行する仮想通貨SakuraBloom(SKB)及び同社が開発するSKBWalletを使用し、「投げ銭」「寄付」「Live動画配信」「各種出演権争奪バトル」などのさまざまなサービスを提供するもの。

 これにより、アーティスト、タレント、アイドル、クリエーターなどがプロジェクトユーザーとなり、自らの夢の実現へ向けたプロジェクトやイベントを登録料、利用料無料で自由に立ち上げることができる。

 このサービスを通じて集まったSKBコインにより、プロジェクトユーザーはCD、PV、ライブ、写真集、楽曲、衣装、VRコンテンツなどをファンの支援を基に作成することが可能となり、アーティストとして成長し、国内外を問わず人気者になる糸口をつかむことができるというわけだ。

 DREAM CREWのサービスはすでにスタートしており、会見ではいくつかのプロジェクトが紹介された。まず、2019年3月8日にタイ王国パタヤ市で開催されるビューティーコンテスト世界大会「ミスインターナショナルクイーン」における全世界からのLGBT支援 世界募金の開催。これを皮切りにDREAM CREWでは国内にとらわれず国際的なビッグプロジェクトも展開していく予定だ。

 会見の終盤には結成15年を数えるロックバンド「イギリス人」、ダンスボーカルユニット「KIS」、アイドルユニット「ヤンチャン学園音楽部」、グラビアアイドル・ユニット「sherbet」、格闘技団体パンクラスでタイトルマッチが決定したイケメン格闘家・瀧澤謙太ら多数のゲストが登壇。それぞれ夢の実現に向けて意気込みを語った。

 ダンスボーカルユニット「KIS」は2019年11月にアメリカ・アポロシアターのステージでパフォーマンスを行うという目標に挑んでおり、「夢を叶えるべくDREAM CREWに参加させていただきました」とコメント。グラビアアイドル・ユニット「sherbet」は「世界共通の通貨ということで、全世界につながっている気がします。私たちも海外でライブやイベントを行っていけるようになれるといいなと思っております」と抱負を語った。この会見と同日に、3月17日に格闘技団体パンクラスでタイトルマッチに挑戦することが発表された瀧澤謙太は「アメリカ総合格闘技を体験・吸収する」というプロジェクトをスタートしており、「タイトルマッチに向けて、DREAM CREWに参加させていただきます。応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

 会見の第2部ではゲスト陣によるスペシャルライブが行われた。「イギリス人」のポップながらもホットなバンドサウンドで火をつけると、ストリートユニット「KIS」は激しいダンスとボーカルの融合を見せる。そしてマルチに活動する13歳の「ナナエ」はコケティッシュな歌声を披露。おもちゃをコンセプトとしたアイドルユニット「トイトニック」は個性的なダンスで独自の世界観に引き込み、『ヤングチャンピオン』から発掘されたアイドルユニット「ヤンチャン学園音楽部」は8人中3人での出演ながら元気いっぱいのパフォーマンスで盛り上げた。そしてメンバー全員がグラビアアイドルとして活動するアイドルユニット「sherbet」はゲスト中随一の露出度が眩しい衣装でセクシーかつ本格的なダンスと歌で魅了した。

1/2ページ

最終更新:2018/12/11(火) 17:13
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事