ここから本文です

現在ひそかに「ワークマン女子」が増殖中! その理由を探りました。

2018/12/11(火) 17:07配信

マネーの達人

やる気わくわくワークマン

ガテン系のお仕事をされている男性に必要なアイテムを取りそえていることで人気のワークマン。

「作業服のユニクロ」と呼ばれているくらい、お値段も格安で品質も確かなのが人気の秘密です。

女性とはあまり関係ないショップだと思っている人もいるのではないでしょうか?

私もそのひとりでした
ある日キャンプ好きの友人と話していたら「今、キャンプに行くときのアウトドアウエアはワークマンで買ってるの」と言い出しました。

彼女は普段は高級品志向タイプの女性なので、彼女の口から「ワークマン」という言葉が出てきたことに衝撃でした。

そこで、調べてみたところ、今、「ワークマン女子」と呼ばれるワークマンのアイテムをこよなく愛する女性がひそかに増殖中なのだとか…。

そこで、その実態を調べてみました。

そもそもワークマンとは? その魅力について

ワークマンはチェーン店なので、どこかで見かけたことがある人も多いでしょう。

ワークマンは現場や工場などで働いている方たちに向けた作業服を中心として、その関連用品を販売している専門店です。

ガテン系のお仕事をされている方にとっては、まさに、ユニクロのような存在と言えるでしょう。

ホームセンターのカインズホームのグループ会社でもあり、そう言われてみると何となく通じるものを感じます。

女性がワークマンのショップの中まで入るのは、場違いな感じがして何となく勇気が必要という人もいるはずです。

そんな中、ワークマンはいつの間にか女性のハートもしっかりつかんでいたのでした。

ワークマン女子が増殖する理由とは?

なぜここにきてワークマンが女性に人気なのでしょうか?

理由のひとつとしては、品ぞろえに女性向けのものが増えてきたということです。

たとえば、昔に比べるとファッション性にこだわったアイテムが増え、さらに、カラーも赤やピンクなどのものが多くなっています。

長時間外で働く方でも耐えられるアウトウエアであることを追究しているのでダントツの暖かさです。

私の友人が言うようにキャンプや登山など、アウトドアの趣味を持つ女性にとってはありがたいアイテムがいっぱい見つかります。

寒いときは、ファッションも大切ですが、暖かさはそれ以上に重要です。

ほかにも滑りにくいシューズなど妊婦さんにとってのお助けアイテムなどもあり、ワークマンは意外にも20~30代の女性を中心に人気があるようです。

1/3ページ

最終更新:2018/12/11(火) 17:07
マネーの達人

あなたにおすすめの記事