ここから本文です

自慢はスタッフ。スープストックトーキョーの社長に聞いた、マニュアルのない店づくり

2018/12/12(水) 6:30配信

食べログマガジン

1.〈おいしい仕事の仕掛け人〉

「食」は人の暮らしや世の中の価値観を変えてしまうことだってある。そんな「食」の可能性を信じて、ビジネスに取り組む人にフォーカスする。

今回はファミリーレストラン「100本のスプーン」の考案者でもあるスープストックトーキョー社長の松尾真継さんが登場。

ー松尾さんは商社、ユニクロを経てスープストックトーキョーに入られたんですね。ユニクロ時代に“本当に美味しいもの”に出会われたのだとか?

約3年弱働いた商社を飛び出して、ユニクロ(現・ファーストリテイリング)に入り、店舗で経験を積んだ後、農産物事業の新規立ち上げに参加しました。永田農法(必要最低限の水や肥料のみを使って、その野菜や果物の原生地に近い環境で育て、それによってその作物本来のおいしさを引き出す農法)などで育てた野菜を販売する営業の責任者でした。

この農法で育てたトマトやみかんは驚くほど美味しいんですよ!結果的にその事業は2年で撤退しましたが、本当に美味しいものに触れた感動から、次も食を扱える所で仕事がしたいなと考えていました。

ーそれで、Soup Stock Tokyoと出会うことになったんですね。

はい。当時「Soup Stock Tokyo」の缶スープがコンビニで売られていて、それを見かけたのが最初の出会いですね。その後、実際に店に行ってオマール海老と渡り蟹のスープをテイクアウトして家で食べたら衝撃の美味しさで。

高いのにファーストフードと言っているし、なんだろうコレは?と調べてみるとベンチャーで、社長もアーティストだったりして変わってるなと(笑)。野菜の美味しさで肥えた僕の舌にも、このスープは本物だなと感じました。

ーファーストフードと謳っているのにこの本物感は何なんだ!?と。

そうです。そもそも「ファストフード」という言葉の意味は食事をスピーディーに提供するというだけの意味。なのに、それ以外のイメージも付いてしまっています。特に創業当時は、テレビCMをたくさん流して、おもちゃを配って、添加物がたっぷりで、低価格で提供されるのがあたりまえというようなイメージがありました。

そんな中、無添加で、本当に美味しくて、品質が高いものをクイックにお客さんに提供している「Soup Stock Tokyo」のビジネスモデルとその本物感に惚れたんです。このクオリティーとセンスがありながら自らを「ファストフード」と名乗るブランドであれば、いずれ世界でもやっていけるのではないかと思い、そのまま門を叩いて入社しました。

1/6ページ

最終更新:2018/12/14(金) 14:39
食べログマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事