ここから本文です

ヤクルトの守護神・石山が初の年俸1億円突破…12日の主な契約更改

2018/12/12(水) 22:13配信

Full-Count

石山はリーグ2位の35セーブをマーク

 プロ野球では12日、複数球団で契約更改交渉が行われ、ヤクルトの守護神・石山泰稚投手が初めて年俸1億円に到達した。

【最新版】各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧

 石山は今季年俸4800万円から5200万円アップの年俸1億円でサイン。シーズン途中から抑えを任された今季は71試合登板し、リーグ2位の35セーブをマーク。3勝2敗、防御率2.08だった。2倍を超える大幅増で7年目での大台到達となった。キャリアハイ47試合出場した井野卓捕手、山中浩史投手も契約を更改した。

 オリックスの近藤大亮投手も契約を更改した。今季は52試合登板し、3勝3敗9ホールド、防御率3.33だった。(金額は推定)

Full-Count編集部

最終更新:2018/12/12(水) 22:13
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事