ここから本文です

順大・塩尻「区間賞でチームに勢いを」4年連続エース区間の2区起用濃厚

2018/12/13(木) 6:00配信

デイリースポーツ

 来年1月2、3日に行われる第95回東京箱根間往復大学駅伝に出場する順大が12日、千葉・印西市で会見を行った。リオデジャネイロ五輪3000メートル障害代表の塩尻和也(4年)は4年連続でエース区間2区起用が濃厚で「悔いなく終わりたい。区間賞を獲ってチームを勢いづかせたい」と有終の美を誓った。

 アジア大会では3000メートル障害で銅メダルと成長を続けている世代最強のエースだが、箱根では過去区間5位、5位、10位と本領を発揮し切れていない。「今さら違う区間を言われても困る」と定位置への覚悟をのぞかせ、「自分の走りをすることが1番。それでタイムが出ないなら力不足」と気合を入れた。

 総合優勝11度を誇る名門だが、前回は11位。予選会からの再出発となったものの、塩尻と山上り(5区)のスペシャリスト山田攻(4年)の二枚看板を擁して臨めるだけに、長門監督は「塩尻も山田も4年間で1番調子がいい。今年が1番チャンス」と復権への自信をのぞかせた。

最終更新:2018/12/13(木) 7:53
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事