ここから本文です

【映像】中国ファーウェイ副社長保釈 米中貿易摩擦政治問題に発展

2018/12/13(木) 11:43配信

AP通信

バンクーバー、カナダ、12月13日(AP)― カナダ西海岸ブリティッシュコロンビア州の裁判所は12月11日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長で最高財務責任者でもある孟晩舟CFOを保釈した。
 同CFOは、ファーウェイの子会社に米国の経済制裁に違反するイランとの取り引きを行わせた疑いで12月1日、米政府の要請でカナダ当局に逮捕・勾留された。
 バンクーバーの裁判所は3日間にわたる審問を経て、日本円で約8億5000万円とも報じられる保釈金で孟氏を保釈した。
 同裁判所は保釈の条件として、複数のパスポートの提出と、午後11時から午前6時まではバンクーバーの自宅にとどまることなどの他に、GPS機能付きのブレスレットを24時間足首に装着して外さないことなどを孟CFOに命じた。
 保釈審問と前後して、中国は明らかな報復措置として、カナダの元外交官マイケル・コブリグ氏を拘束。関税問題に端を発した米中の貿易摩擦は、これで政治問題に発展した。
 
(日本語翻訳 アフロ)。

最終更新:2018/12/13(木) 11:59
AP通信

あなたにおすすめの記事