ここから本文です

フォードが「マッハE(マックE)」という名称の商標登録を申請 新型電動クロスオーバーの車名か?

2018/12/13(木) 7:30配信

Autoblog 日本版

フォードはこれまで、歴史的に有名なある名称を使って、今後発表を予定している電動パフォーマンス・クロスオーバー車のティーザーを展開してきた。同社のスポーツカー「マスタング」の高性能モデルとして知られる「マッハ1(マック1)」の名前を、このスポーティな電気自動車に使うとほのめかしていたのだ。しかし、これには多く人々から否定的な反響も寄せられたようで、フォードは再考するのではないかと報じられていた。そして遂に、その正式名称のヒントになりそうな情報が入ってきた。フォードが米国特許商標庁(USPTO)に、「Mach E」および「Mach-E」という名称の商標登録を出願したことが分かったのだ。

1971年型「Mach 1(マッハ・ワンあるいはマック・ワン)」フォト8枚

命名に疑問も

11月26日(現地時間)に出願された資料を見ると、この商標は「モータービークル、すなわち電気自動車、乗用車、トラック、スポーツユーティリティビークル、オフロード車、およびそれらの構成部品、付属品、それらのためのバッジ、金属製ナンバープレートフレーム」に適用されるという。

この名前を聞いて興奮することは難しい。まず、マスタングに因んだ名称を用いて電動クロスオーバーを命名するということに疑問の余地がある。“E“は確かに「エレクトリック(電動)」を意味するが、音速の速さを表す言葉の“マッハ“は、後ろに数字ではなく文字が添えられることで意味を成さなくなってしまう。また、我々は既にEVを命名する際に“E“の文字を使うことに飽きてしまっている。いくつか例を挙げると、ポルシェには「ミッションE」(これは「タイカン」に変更されたが)、アウディには「e-tron」、日産には「e-Power」があり、三菱は「e-エボリューション」という名称をコンセプトカー等で使い続けている。

正式名称になると決まったわけではない

とは言え、フォードは以前、「Model E」という名称を商標登録しており(そのためテスラは同社のより小型なセダンに「モデル3」と名付けざるを得なくなった)、EVのモデル名あるいはシリーズ名にこの名称を適用できる。例えば、「モデルE」というEVの高性能バージョンに「マッハE」という名前を付けたくなる気持ちは理解できなくもない。

もちろん、商標登録が出願されたからといって、これが正式名称になると決まったわけではない。フォードが自分を取り戻し、もっと独創的な、記憶に残る名前と共に、この電動クロスオーバーを発表することを願いたい。

Autoblog Japan

最終更新:2018/12/13(木) 7:30
Autoblog 日本版

あなたにおすすめの記事