ここから本文です

東京オリ・パラのボランティア名称案“シャイニングブルー”にネットざわつく「小学生が考えた必殺技感」

2018/12/13(木) 18:20配信

AbemaTIMES

 東京オリンピック・パラリンピックのボランティアの名称候補が11日に発表、12日から投票が始まったが、その候補案にネットがざわついている。

 名称案は、運営などに携わる「大会スタッフ・ボランティア」と駅での案内などを行う「都市ボランティア」に分かれ、以下の4つ。

【大会ボランティア:都市ボランティア】
(1)フィールドキャスト:シティキャスト
(2)ゲームズアンカー:シティアンカー
(3)ゲームズフォース:シティフォース
(4)シャイニングブルー:シャイニングブルートウキョウ(トウキョウ部分は各自治体名)

 これらは、厚切りジェイソンなど22人でつくる選考委員会が、広告会社などから集めた149案から選定したもの。中でも異彩を放っているのが「シャイニングブルー」だ。ボランティア一人ひとりが輝くという願いと、エンブレムカラーの藍色を表すBLUEをかけたというが、ネットでは「戦隊ヒーローの名前?」「カラーギャング感がある」「小学生が考えた最強の必殺技感」「競馬の馬にいそう」「高輪ゲートウェイみたいな名前で笑う」といった声があがっている。

 そもそも、なぜボランティアに愛称がつけられるようになったのか。一体感や誇りを生み出す狙いから近年の大会で名付けられ、2012年のロンドン大会では「ゲームズメーカー」(大会)と「ロンドン・アンバサダー」(都市)、2016年のリオ大会では「ヒーローズヒーロー」(のちに「ボランティア」に変更)、2018年の平昌大会では「パッションクルー」という愛称が付けられていた。

 なお、今回の名称案はボランティア応募者による投票で決定し、2019年1月末に発表される予定だ。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

最終更新:2018/12/13(木) 18:20
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事