ここから本文です

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演『モンスターハンター』で、山崎紘菜がハリウッドデビュー!

2018/12/13(木) 5:00配信

Movie Walker

シリーズ累計販売本数5000万本を記録するカプコンの人気ゲームシリーズ「モンスターハンター」が、「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演のコンビでハリウッド実写映画化され、2020年に公開される。このたび、女優の山崎紘菜が本作でハリウッドデビューを果たすことが決定した。

躍進目覚ましい山崎紘菜が、長身を活かしてハリウッドの門を叩く!

突然の嵐に巻き込まれた国際連合軍。隊長のアルテミス(ミラ)たちが辿り着いたのは、超巨大なモンスターたちが暮らす新世界だった。アルテミスたちの戦力はモンスターたちにまったく通用せず、そこに現れた謎の男と共に立ち向かっていくが…。

山崎が演じるのは、ゲームではプレイヤーにステージ、モンスターについて説明をしてくれる「ハンドラー(受付嬢)」というキャラクター。アンダーソン監督は起用理由を「ゲームに登場するハンドラーのキャラクターそのものだと感じた。好奇心旺盛で明るく、モンスター達が支配する世界という未知なる環境にチームと一緒に冒険する様子が、彼女のハリウッド作品出演への熱意からも伝わってきて、仲間に加わってもらった」と語る。

また、撮影現場で山崎に対面したミラは「とてもキュートで、まるでゲームから飛び出してきたみたいだった。彼女ならハンドラーという役を演じきってくれると確信したわ!」と絶賛。

ミラをはじめ、トニー・ジャー、ティップ・“T.I.”・ハリス、ミーガン・グッド、ディエゴ・ボネータ、ロン・パールマンらが出演する本作。10月より南アフリカとナミビアで撮影が始まっており、山崎は11月下旬より参加中とのことで、再来年の公開がいまから楽しみだ。

●山崎紘菜(ハンドラー役)

「ハリウッド映画、アクション、アフリカロケと初めて尽くしでドキドキしていますが、知らない所に足を踏み出す反面楽しみでもあります。アクション映画に興味があって『バイオハザード』シリーズが大好きなので、その作品のポール・W・S・アンダーソン監督とミラ・ジョヴォヴィッチさんと一緒に作品作りが出来るなんて夢の様です。ミラさんからは芝居のことはもちろん、女優としての心構えや生活スタイルなど色々なことを吸収して行きたい。また、ハンドラーという役はゲームで実在するキャラクターでファンがたくさんいるので期待を裏切らないように演じられたらと思います。ハリウッド大作に出演出来る機会は、滅多にないので人生を変える経験になると思う。見ている世界、固定概念を捨てて世界基準を身に付けたい。そして、撮影現場で山崎紘菜を表現して、役として存在出来たら嬉しいです。日本人も出来ると勇気を与える、そんな期待を背負う立場でもあると思うので思いっきりチャレンジしたいです!また、映画出演が決まって、改めてモンスターハンターのゲームをプレイしているので、一緒に狩りをしてくれるハンター募集中です(笑)」(Movie Walker・文/編集部)

最終更新:2018/12/13(木) 5:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事