ここから本文です

「10秒で歯磨き」のはずが「磨けない」? 5800人支援の「360度電動歯ブラシ」クラウドファンディングでトラブル

2018/12/14(金) 12:00配信

ねとらぼ

 クラウドファンディングサイト「Makuake」で、約6000万円(5841人)の支援を集めた“360度電動歯ブラシ&ホワイトニング”製品「V-WHITE+」について、支援者から「届いた製品が旧タイプではないか」「機能性に問題がある」などの声があがり、トラブルとなっています。支援者とクラウドファンディングのプラットフォーマーであるMakuakeを取材しました。

【画像で見る:360度歯ブラシ】

 「口にいれて、10秒歯磨き」のキャッチコピーでクラウドファンディングを行っていた360度電動歯ブラシ&ホワイトニング製品「V-WHITE+」。くわえるだけで歯磨きができるという手軽さや「冷光ホワイトニング」と呼ばれるホワイトニングの手法を使うことにより、自宅でもホワイトニングができると話題を呼び、プロジェクト達成率1万9879%と驚異的な数字をたたき出しました。

 しかし支援者らに製品が到着すると、「届いたのは旧製品」「10秒どころか5分でも効果なし」「誇大広告のため、返品をします」といった不満のコメントが噴出している様子。ねとらぼ編集部では支援者の一人に詳しい話を聞きました。

「奥歯まで届かない」 支援者の怒り

 Aさんは、V-WHITE+のコアユニットが1つ、マウスピースが2つ、充電器というセットを定価の40%オフで手に入れられる、9900円のコースを支援した1人。到着した製品のパッケージを見て違和感を覚えたといいます。

――製品のパッケージを見てどう感じましたか。

Aさん:パッケージに書かれた中国語を見て「中国製品なの?」というのが第一印象でした。自分の読み込みが甘かったのですが、日本製品だと思っていたので驚きました。またパッケージには「V-WHITE+」ではなく、旧製品の「V-WHITE」の名前が書いてあったので、これはやられたなと思いました。

――中国製品でも性能の良いものはありますが、他にも気になる点はありましたか。

Aさん:そもそも製品の納品は2018年11月末までにお届けとアナウンスされていたんです。それなのに1カ月も早い10月に商品が届いたのが不思議でした。旧製品だから1カ月も早く準備できたのかなと思いました。

――商品の使用感についてはいかがですか。

Aさん:基本的にはブルブルと振動する本体にシリコン製のマウスピースのようなものがついているだけなので、一般的な歯磨きができているようには思いません。「口にいれて、10秒歯磨き」というキャッチコピーにひかれて購入しましたが、10秒ではとても磨けませんし、そもそも奥歯までマウスピースが届きません。誇大広告だなと思いました。

――ホワイトニングの部分についてはいかがですか。

Aさん:冷光ホワイトニングができるという青い光が本体から出ているとのことですが、見た目にはただまぶしい光がでているだけで、今のところは効果を確認できていません。

――今回のクラウドファンディングを経て、今はどのように感じておられますか。

Aさん:クラウドファンディングの特性というのは、私も理解しているつもりです。しかし今回のプロジェクトについて調べてみると、海外のクラウドファンディングサイトでトラブルを起こした製品をそのまま日本に持ってきているような感じで、Makuake側がきちんと審査を行ったのかは疑問です。またNHKの情報番組「おはBiz」で同製品が取り上げられた際には、Makuakeの女性社員が出演して同製品の性能をアピールしていました。プロジェクト実行者ではなく、Makuakeの社員が「しっかり磨けます」というような宣伝をしていたのは問題ではないでしょうか。今回のプロジェクトについては批判の声も多く、返金を求めている人も多いのですが、多くは放置されています。プロジェクト実行者やMakuakeにはきちんとした対応を取っていただきたいです。

 Aさんの取材内容を踏まえ、Makuakeにもお話を聞いてみました。

1/2ページ

最終更新:2018/12/14(金) 12:00
ねとらぼ

あなたにおすすめの記事