ここから本文です

就学援助の利用率、小1困窮層で15ポイント上昇 半数以上は利用できておらず 子どもと家族の生活実態を調べる2018年度調査

琉球新報 2018/12/14(金) 17:34配信

2018年度県徴収学生調査中間報告の概要を説明する大阪府立大の山野則子教授(手前)=14日、県庁

琉球新報社

最終更新:2018/12/14(金) 18:19

琉球新報

こんな記事も読まれています