ここから本文です

普天間、22年度返還は「困難」

2018/12/14(金) 12:44配信

共同通信

 岩屋毅防衛相は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、早ければ2022年度とされる普天間飛行場返還の実現は困難との認識を示した。首相官邸で記者団に「一度承認された埋め立て(許可)が撤回されるなどの変遷があった。目標の達成はなかなか難しい」と述べた。

 日米両政府は13年4月、普天間飛行場について「22年度またはその後」に返還すると合意していた。

最終更新:2018/12/14(金) 13:23
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事