ここから本文です

震災学び、中学生が竹灯籠作り

2018/12/14(金) 16:37配信

共同通信

 阪神大震災の犠牲者を追悼する「1.17のつどい」で並べられる竹灯籠作りが14日、神戸市北区の「あいな里山公園」であり、震災について授業で学んだ神戸学院大付属中(同市中央区)の生徒約70人が取り組んだ。

 生徒は午前10時半ごろから竹やぶに入り、指導員に教えてもらいながらのこぎりで竹を切り倒した。さらに長さ約60センチにそろえ、ろうそくを入れる上部は斜めにカット。筆で「絆」や「友」などと書き入れた。この日は約200個が完成し、来年1月17日のつどいで使用される。

 生徒は授業で震災当時のニュース映像を見て、どんな文字を書き入れるべきか考えてきた。

最終更新:2018/12/14(金) 16:51
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ