ここから本文です

勤務態度に不満、パワハラの海自隊員を減給 海上自衛隊横須賀地方総監部

2018/12/14(金) 5:05配信

カナロコ by 神奈川新聞

 海上自衛隊横須賀地方総監部は13日、同僚隊員へのパワーハラスメント行為があったとして、横須賀基地業務隊の20代の男性海士長を減給15分の1(1カ月)の懲戒処分にした、と発表した。

 総監部によると、海士長は2月22日、横須賀教育隊で、同僚の20代の男性隊員の胸や腕を殴った。隊員にけがはなかった。2人は当時、教育隊で研修を受けており、他の隊員約30人と整列して敷地内のプールに向かっている最中だった。海士長は「(同僚隊員の)勤務態度に不満を感じて指導した」と話している。

 また海士長は10月4日、帰隊時間になっても職場に戻らなかったという。

最終更新:2018/12/14(金) 10:25
カナロコ by 神奈川新聞

あなたにおすすめの記事