ここから本文です

利き手で異なるフック・スライスの狙い方 セキ・ユウティン

2018/12/16(日) 11:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

「フック・スライスのパット」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーWさんの悩み】
「フックやスライスの傾斜が強くなると、タッチもラインも合わなくなってしまいます。プロはどのようなことに気をつけていますか?」

【動画】ムービーで詳しく♪ ティンティンの狙い方

【セキ・ユウティンのレスキュー回答】
大きく曲がる傾斜でうまくラインに乗せてカップインさせるには、カップに入るまでのイメージを膨らませて、どのように狙っていくかが重要です。

1. 利き手と逆側に曲がるラインは読みやすい

私はラインによって狙い方を変えています。理由はどうしても利き手と逆側に曲がるライン(右利きなのでフック)のほうが、利き手側に曲がるライン(右利きなのでスライス)よりも、イメージしやすいからです。

2. フックは曲線で狙う

私の場合は利き手が右手ですので、フックのほうが最後までイメージしやすいラインと言えます。フックの場合、イメージした通り感性に任せて、曲線でイメージするとうまくカップインしてくれます。

3. スライスは直線で狙う

逆にスライスは、最後までイメージしにくいラインですので、曲線よりも直線でターゲットに打ち出していきます。カップの左側に一本の線を見立てて、シンプルに考えすぎず、直線をイメージして打っていきます。

4. あなたはどっち? 得意なラインで判断

ただし、イメージの出しやすさは人それぞれです。私の場合は、利き手で得意不得意のラインを判断していますが、逆のタイプの人も存在します。自分の得意なラインに合わせて、曲線か直線かを判断して狙ってみてください♪

【今回のまとめ】曲線 or 直線で狙う

・フックは曲線で狙う。
・スライスは直線で狙う。

(セキ・ユウティン編 終了)

取材協力/ザ・カントリークラブ

解説/セキ・ユウティン
1998年生まれ、福井県出身で5歳まで日本で過ごす。中国に渡り7歳からゴルフを始め、16歳でプロ転向。2016年に中国ツアーの賞金女王に輝く。昨季より日本ツアーにも参戦。国内外問わず活躍の幅を広げている。

あなたにおすすめの記事