ここから本文です

神戸FWハーフナーがタイ挑戦…バンコク・ユナイテッドに期限付き移籍

2018/12/16(日) 17:23配信

SOCCER KING

 ヴィッセル神戸は16日、FWハーフナー・マイクがバンコク・ユナイテッド(タイ)に期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2019シーズン終了までとなっている。

 移籍が決まり、ハーフナーは神戸のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターにメッセージを送った。

「ヴィッセル神戸のサポーターの皆さまの前でプレーできないのは残念ですが、タイでチャレンジさせて頂く事に決めました。この決断に関してはとても悩みましたが、今は新しい環境でプレーする事を楽しみにしています。この移籍の実現に動いてくれた両チームのスタッフに感謝しています。引き続き、応援をよろしくお願いします」

 ハーフナーは現在31歳。横浜F・マリノスの下部組織出身で、2006年にトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。ヴァンフォーレ甲府在籍時の2011年にはJ1リーグ戦で17ゴールをマーク。翌年にはフィテッセ(オランダ)に完全移籍し、海外挑戦を果たした。その後はコルドバ(スペイン)、ヘルシンキ(フィンランド)、デン・ハーグ(オランダ)でプレーし、2017年7月に神戸へ完全移籍で加入。今年7月からはベガルタ仙台に期限付き移籍していた。2011年から2016年にかけては日本代表にも招集され、国際Aマッチ通算18試合出場4得点を記録している。

SOCCER KING

最終更新:2018/12/17(月) 3:03
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事