ここから本文です

auの「AQUOS R SHV39」がOSバージョンアップ Android 9 Pieに

2018/12/17(月) 21:30配信

ITmedia Mobile

 KDDIと沖縄セルラー電話は12月18日から、シャープ製スマートフォン「AQUOS R SHV39」のOSバージョンアップを開始する。バージョンアップ後のOSは「Android 9 Pie」で、本体だけで更新可能だ。

【クイックパネルのデザインや表示内容を変更】

 Android 9にバージョンアップすると、クイックパネル/クイック設定パネルのマナーモードアイコン、音量アップ/ダウンキーを押すと表示されるマナーモードアイコンのタップでマナーモードの設定を切り替え可能になる。また、電話アプリの連絡先画面では登録済みの連絡先がある場合、連絡先リストの最上部に「新しい連絡先を作成」機能が表示される他、画面右下の電話帳登録ボタンがダイヤルボタンへ変更となる。

 ステータスバーに表示される各種アイコンの位置・表示方法が変更され、クイックパネルでは電波状況を示すアイコンを追加して「日付」「時間」の表示位置も一部移動する。設定アイコンはクイック設定パネルへ移動し、マルチウィンドウの操作方法が変更に。

 アプリ使用履歴は横並び表示となり、アプリ終了(履歴消去)は上部へのフリック操作に変更される。Android 9で初採用となった「ホーム」「履歴」が統合されたナビゲーションバーも利用できる(従来通りのものも併存)。

 通知パネルは最下部に「通知を管理する」が追加され、タップすると「アプリの通知」設定画面へ遷移。アプリごとに通知表示のオン/オフが設定できるようになり、通知をロングタッチして表示する機能は表示内容が変更となる。

 一部アプリでは「自動回転」をオフにしていても、端末を横にするとナビゲーションバーに表示されたアイコンのタップで横向きに切り替え可能となる。「AQUOS Home」では、アプリ一覧画面での「検索」機能が追加され、「ファイル」が「コンテンツマネージャー」へ名称変更。画像・動画・オーディオのファイル表示方法を全表示/フォルダー表示から選べるほか、表示しているファイルを本体・SDカードの保存先で絞り込むこともできるようになる。

 OSアップデート後は、クイックパネル/クイック設定パネルの切り替えアイコン、クイック設定パネルの各機能ボタン直下の▼マーク、機能ボタンの「アクセスポイント」「BrightKeep」、時計アプリの「通常マナー中の鳴動」設定などが削除される。

 アップデート方法は、アプリ一覧から「設定」アプリを起動して「システム」→「システムアップデート」と操作。Wi-Fiと4G(LTE/WiMAX 2+)ともに更新時間は約35分、アップデートファイルサイズは約1.67GB。完了後のビルド番号は「03.00.00」となる。

ITmedia Mobile

最終更新:2018/12/17(月) 21:30
ITmedia Mobile

あなたにおすすめの記事