ここから本文です

中日・小笠原慎之介があこがれの菊池雄星から衝撃アドバイス! 球界ナンバーワンサウスポーのバトンは譲り受けたか!?

2018/12/17(月) 11:16配信

CBCテレビ

「【ドラゴンズライター竹内茂喜の『野球のドテ煮』】
CBCテレビ「サンデードラゴンズ」(毎週日曜日午後12時54分から東海エリアで生放送)を見たコラム」

菊池さんのすべてを吸収したい!

小笠原慎之介・菊池雄星対談。先週のサンドラ予告から一週間という時間が本当に長かった!どれだけ待ち焦がれていたか。一ファンの私でさえこれである。菊池にあこがれ続けた慎之介の対談が決まってから当日を迎えるまでの胸の高まりぶりは、想像のつかない領域であったに違いない。今回の対談収録は菊池の出身地・盛岡で行われたが、菊池に逢えるのであれば、地球の果てでも慎之介は飛んで行ったのではないか。そう思えるくらい慎之介の表情は野球小僧が大好きなプロ野球選手にようやく逢えたようなうれしさに満ち溢れていた。

『菊池さんはすべてにおいて一級品。良いところを吸収したい』

あこがれ続けた菊池雄星。

子どもの頃、甲子園で大活躍した姿を見て以来、同じサウスポーとして、“いつかは菊池さんのような真っ直ぐで勝負できるピッチャーになりたい”と目標に掲げていた雲の上の存在。慎之介は菊池同様、甲子園で活躍し、ドラフト1位でプロ野球の場に進んだ。しかし現在、二人の実力差は誰もが分かるように明確だ。

“菊池のようになりたい。そしていつかは越えたい”

入団して来季で4年目。秋には大学へ進んだ同学年の投手たちがドラフトで指名され、プロの世界に入ってくる。その時には絶対的なピッチャーになっていたい。世代のトップランナーとして走るためには何が足りないのか、その答え合わせをするためにも慎之介は菊池からの助言を欲していたはずだ。そして濃密なる対談は始まった。テレビで放映された内容はほんの一部だろう。対談終了までにどれだけ目からウロコが落ちたことやら。VTRを見終わった後、もらした慎之介の一言でそれは十分に分かった。

『スゴイっすね…』

脳を解放するトレーニングが必要

菊池自身もプロ入りから順調に野球人生が進んだわけではなかった。ルーキーイヤーの開幕直後に肩を痛めるなど苦労を重ね、初勝利を挙げたのはプロ入り2年目のこと。3年目まで通算8勝しか挙げられない、自身にとってはふがいないシーズンが続いていた。そんな経験があったからこそ、同じ“匂い”のする慎之介には今までの経験を役立てて欲しいという願いが強かったのかもしれない。惜しげもなく今までの経験を語り始めていった。

ケガをして、その怖さが取れたのはプロ5年目と明かした菊池。プロ入り以来、二度ヒジの手術を経験している慎之介にとってはケガとの付き合い方は一番知りたい話。ケガに高校時代に投げた150キロ超えのストレートを取り戻した思考ならびに方法を次のように挙げた。

『まずはトレーニングと練習は分けるべき。リハビリと一緒に投げる練習をしてしまうと他の箇所を痛めることになる。少しずつ“大丈夫なんだよ”と体に教え込ませるトレーニングをリハビリでやるべき』

菊池からの一言一言に感心したのか、言葉が出ない慎之介。なおも菊池の金言は続いた。

『まずは“こういう動きができるんだ”と、脳に許可を与えていく。きっちりとしたフォームで投げていれば、痛みは出ないはず。そのフォームが少しでもズレると痛みが出るというのが脳に染み込んでいく。脳を解放していくトレーニングも必要』

と、心身にわたる菊池式リハビリトレーニング法を
公開。もし必要であればまたゆっくりと教えたいと、小笠原を思いやる菊池の先輩心が放送で流れていた。

菊池も慎之介と同じように苦しんでいた時に救ってくれた先輩が存在した。元同僚で同じサウスポーの石井一久氏(現東北楽天GM)から助言を得たことが彼の野球人生を変えたと、以前違う媒体で聞いた覚えがある。歴史は繰り返される。好投手が好投手を救い、そして育てる。来季から活躍の舞台をメジャーリーグへ変える菊池。さらに慎之介に対し、プロ野球で成功するための置き土産を惜しむことなく授けていった。

1/2ページ

最終更新:2018/12/17(月) 15:49
CBCテレビ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(金) 6:10

あなたにおすすめの記事