ここから本文です

リクルート「2019年トレンド予測」から見えてきた“2つの潮流”

2018/12/17(月) 19:50配信

MONEY PLUS

今年で10回目を迎える、リクルートホールディングスの「トレンド予測発表会」。12月17日に開かれた今年の発表会では、住まいから新卒採用、飲食まで8つの領域で2019年の予測トレンドがお披露目されました。

【写真】2019年の飲食トレンド「ポータグルメ」って何?

この記事では、その中から特徴的だと思われた4つのトレンドをピックアップ。その背後に浮かび上がる、2019年の大きな潮流について深掘りしてみます。

軽減税率で「中食」のグルメ化が進展

2019年の大きなトピックといえば、10月に予定されている消費税率の引き上げでしょう。政府は生活に最低限必要なものに対する措置として、軽減税率の適用を予定しています。こうした流れを受けて、飲食領域で2019年のトレンドになりそうだと予想されたのが「ポータグルメ」です。

これは「ポータブル(持ち運びできる)」と「グルメ(おいしい)」を足し合わせた造語。テイクアウトやデリバリーができて、なおかつ、おいしいグルメに注目が集まると、ホットペッパーグルメ外食総研の稲垣昌宏・上席研究員は分析します。

折しも日本では、労働人口の減少や共働きの増加などによって、個人の役割の多様化が進展。企業でも働き方改革や子育て女性の就業率アップなどに伴い、労働生産性の向上も課題となっています。

こうした中で、消費者はコストパフォーマンスよりもタイムパフォーマンスを重視する傾向にシフトしているといいます。調査会社マクロミルの調査によると、「忙しい時でもおいしいものが食べたいと思う」人の割合は81.6%に上っています(調査対象:4576人)。

一方で、消費増税に伴う「中食」への軽減税率導入をめぐって、最近は外食企業の中食参入・強化が顕著に。店に加えて、テイクアウトやデリバリーでも料理を提供する“三刀流”の事業者が増加傾向にあります。

同じマクロミルの調査では、「コンビニ弁当などの代わりに、外食店のテイクアウトやデリバリーを利用してみたい」という人の割合は72.4%。外食店からのテイクアウトやデリバリーに期待することとして、「専門的な味」「メニューのバリエーション」が「価格の安さ」を上回る状況となっています。

すでに一部の外食企業はこうした動きを強めています。たとえば、黒毛和牛で有名な「ミート矢澤」は、大丸東京店内のテイクアウト専門店で1つ9980円(税込み)の「極味弁当」を販売。また、店舗があるにもかかわらず、キッチンカーを出したところ、ランチの売り上げが4倍に増えたイタリアンのお店も出てきています。

1/3ページ

最終更新:2018/12/17(月) 19:50
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事