ここから本文です

西郷どん、最終シーンに賛否 「晋どん」不在…主演鈴木「びっくり」も独自解釈

2018/12/18(火) 14:31配信

デイリースポーツ

 16日に最終回が放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」のラスト、鈴木亮平演じる西郷隆盛が最後を迎える場面で、定説とされる別府晋介に介錯を頼むシーンが描かれなかったことに関して、放送後、ファンの間で議論が続いている。

【写真】鈴木亮平名残惜しすぎ…バトンタッチで 「ウチのスタジオだったのに」

 「西郷どん」最終回は、鹿児島・城山で銃弾を受けた西郷が、桜島をバックに「もうここらでよか」と、かすかに笑みをうかべながら目を閉じるシーンで終わった。

 ネット上では、鈴木をはじめ出演俳優の名演を称えるコメントが続く中、西郷の最後のシーンに関しては「史実通りに描いてほしかった」「ドラマだから、これで良い」と賛否の声が続いている。

 西郷の最後については異説もあるが、定説では銃弾を受けた後に、別府晋介に「晋どん、もうここらでよか」と介錯を頼んだとされる。地元・鹿児島県の各機関の西郷隆盛に関するサイトでも、「別府の介錯」「自決」と記載されているものが多い。

 鈴木はドラマの公式HPのインタビューで、ラストシーンについて「台本を読んだときはびっくりしました」と明かしている。

 鈴木も「西郷さんの最期の言葉は、伝え聞く話のとおり晋どん(別府晋介)に言うものだと思っていましたが」としたうえで、「このドラマ性が僕は好きです。もしかすると、あのすぐ近くに晋どんが控えているのかもしれないけれど」と解釈している。

最終更新:2018/12/18(火) 23:28
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事