ここから本文です

子育て費用は総額2000万円で済まない!親はびっくり

2018/12/18(火) 18:00配信

LIMO

子育て費用にどれくらいの金額が必要だとお考えでしょうか。最近では大学まで進学する人も多いため、大学卒業までが子育てとお考えの方も多いのではないでしょうか。今回は文部科学省や日本政策金融公庫の資料などをもとに子育て費用の総額がどのくらいになるのかについて考えてみましょう。

大学まで進学するのに教育費はいくらかかるのか

一口に子育て費用といっても、食費に始まり、学校の授業料、お稽古や塾の月謝、お小遣いなどを含めて様々な項目が含まれています。ここでは、教育関係の「教育費」とそれ以外の養育費を分けて考えてみましょう。

 幼稚園から高校までの教育費はいくら

まずは教育費について見てみましょう。

文部科学省「平成28年度子供の学習費調査」によれば、年額で以下の費用が掛かります。

【公立】

 ・幼稚園:23万3947円
 ・小学校:32万2310円
 ・中学校:47万8554円
 ・高等学校(全日制):45万862円
【私立】

 ・幼稚園:48万2392円
 ・小学校:152万8237円
 ・中学校:132万6933円
 ・高等学校(全日制):104万168円
これらは年額ですので、仮にすべて公立に進学したとするとどうでしょうか。これは当然ながら最も教育費がかからないケースではあります。

 ・幼稚園の学習費×2年=46万7894円
 ・小学校の学習費×6年=193万3860円
 ・中学校の学習費×3年=143万5662円
 ・高校の学習費×3年=135万2586円
幼稚園から高校まですべてにおいて公立に進学すると、合計約520万円となります。

 大学での進学費用はいくら必要か

また、日本政策金融公庫「平成29年度『教育費負担の実態調査結果』」によれば、大学に進学する際に必要となる教育費は以下の通りです。

【大学入学関連費用】

 ・私立短大:58.7万円
 ・国公立大学:69.2万円
 ・私立大学文系:92.9万円
 ・私立大学理系:87.0万円
【大学在学費用】

 ・私立短大:162.8万円
 ・国公立大学:108.5万円
 ・私立大学文系:161.3万円
 ・私立大学理系:180.2万円
ここでは、国公立大学に入学し、4年間通ったケースを想定してみましょう。

国公立大学4年間の教育費=69.2万円+108.5万円×4年=503.2万円

このように国公立大学に進学しても約500万円のお金が必要となってきます。

余談ですが、200万円の学資保険が売れ筋の様ですが、大学進学決定後に必要なお金が500万円以上ということになれば、200万円の学資保険だけでは全く足りません。他の貯蓄が必要ということになります。

先ほど見てきた数字と今回の大学進学に関わる費用を合算すると、すべて国公立の幼稚園や学校に進学するとしても、教育費だけで約1000万円かかるということになります。

1/2ページ

最終更新:2018/12/18(火) 18:00
LIMO

あなたにおすすめの記事