ここから本文です

地元のユズで身も心もあっためて 越生のレジャー施設「ゆうパークおごせ」で柚子風呂、24日まで

2018/12/18(火) 10:34配信

埼玉新聞

 ―年の瀬の疲れを桂木ゆずで癒して。

 越生町のレジャー施設「ゆうパークおごせ」では、毛呂山・越生町産の「桂木ゆず」を100個以上浮かべた柚子風呂を開催している。24日まで。
(勇有花子)

飯能のメッツァビレッジで“光の祭”19年3月3日まで 光る球体、たたくと色が変化…客もアートの一部に

 市場からも高い評価を得る毛呂山町で誕生した「桂木ゆず」。隣の越生町では、関東有数の出荷量を誇る。

 高齢化・後継者不足で衰退している現状があるというユズ農家。「農家を応援したいという思いでも、今回の風呂を開催しています」とゆうパークおごせを運営する温泉道場。「桂木ゆず」のゆず風呂には、来場者とともに地元を盛り上げていきたいという思いが込められる。

 新聞や雑誌、マッサージ機などを用意したリラクゼーションスポットも充実する同施設。入浴後に、ゆったりとくつろぐことができるのも魅力のひとつだ。

==埼玉新聞WEB版==

最終更新:2018/12/18(火) 10:34
埼玉新聞

あなたにおすすめの記事