ここから本文です

いい人だけど高すぎ!? ヒュー・ジャックマン、ショーのチケット代にファン激怒!

2018/12/18(火) 18:15配信

Movie Walker

性格のよさではハリウッドでもピカイチとも言われるヒュー・ジャックマンだが、思わぬところでファンを激怒させている。

【写真を見る】インスタグラムで嬉しそうに初のワールドツアーを発表したヒュー・ジャックマン!

アカデミー賞の授賞式でも踊りながら司会を務め、歌って踊れる俳優としての地位を不動のものにしているヒューが先月、大ヒット作『レ・ミゼラブル』(12)、『グレイテスト・ショーマン』(17)などで披露したヒット曲などをひっさげ、自身初のワールドツアー「The Man. The Music. The Show」を敢行することが明らかになった。

自身のインスタグラムでも「まさかこんなことが実現するなんて、正直夢にも思わなかった」とビデオ投稿し、再生回数は3日間で100万回を超える盛況ぶりだった。

しかし、いざ公演チケットが発売されると、とりわけイギリス公演を待ち望んでいたファンを中心に、ツイッターで文句が殺到!それというのも、なんとチケット代が、約8000円から7万円という高値で発売されているからだ。7万円のチケットは、ヒューを真近で拝める“プラチナチケット”で、8000円という決して安いとは言えない席では、遠くから小さなヒューを見つめるだけ。

熱烈な男性ファンからは「OMG! ヒューを愛しているけど、この値段じゃ無理だ」といったツイートや、「ヒューと『グレイテスト・ショーマン』の大ファンで子供と3人で見に行きたいと思ったけど、高すぎて無理」「7万円のチケットって誰が買うの!?」「ファンをバカにしている」「暴利をむさぼっている」「一般人には買えないチケットを売るなんて!」「いい人だと思ったけど、残念」といった悲鳴と怒りが入り混じったツイートが寄せられている。

一部ファンからは、「チケット代はヒューの知るところではない」「興行には関わっていないヒューを責めるのはお門違い」といった擁護の声もあがっているが、どうにか近くでヒューを拝みたいファンは必死のようで、怒りが収まらないようだ。

ヒューは、トニー賞を受賞したミュージカル「ザ・ボーイ・フロム・オズ」が03年から04年にブロードウェイで上演された際にも既に人気を博しており、会場を女性ファンが埋め尽くし、幕間にトイレに記録的な長蛇の列を作ったことで有名。最前列に座っていた女性たちが、2幕目が始まっても着席できずにヒューが困惑するほどだった。

あれから15年。待望のワールドツアーになるが、人気が出すぎてしまったため最前列を陣取るのは一般市民には“夢のまた夢”となってしまったようだ。

なお同ツアーは19年5月に開幕し、ヨーロッパはイギリス、ドイツ、フランス、スイス、アイルランドなどで12公演、北米では22公演を行う予定。アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた「This is Me」を歌ったキアラ・セトルら多数の歌手を招くことも明らかにしている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

最終更新:2018/12/18(火) 18:15
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事