ここから本文です

3億円減の鷹・和田、NPB史上3番目の大幅ダウン 史上最大4億5000万円減は…

2018/12/18(火) 17:47配信

Full-Count

2015年に巨人・杉内は5億円から4億5000万円減の5000万円で更改

 ソフトバンクの和田毅投手が18日、ヤフオクドームで契約更改交渉を行い、今季の年俸4億円から3億円の大幅ダウンとなる1億円プラス出来高で契約を更改した。野球協約に定められた減額制限(1億円以上は40%)を遥かに上回り、パーセンテージでは75%ダウンとなった。

【画像】2019年はどの"美女”が…!? 「ハニーズ」オーディション開催! 選考会に参加した美女たち

 この和田の3億円ダウンは、ソフトバンク史上では最大の下落幅となる。12球団で見渡しても、史上3番目の減額幅となった。史上最大の減額となったのは2015年オフの巨人・杉内俊哉投手で、年俸5億円から4億5000万円の年俸5000万円で契約を更改した。

 次いで、2012年オフに巨人の小笠原道大が4億3000万円から3億6000万円ダウンの7000万円で契約を更改しており、今回の和田はこの2人に次ぐ減額幅となった。

 また、今オフには金子弌大投手が、オリックスから5億円とも言われる減額を提示され、自由契約を選択。年俸1億5000万円で日本ハムに入団したが、下がり幅は杉内と同じ4億5000万円に。また、昨オフソフトバンクを退団し、中日に入団した松坂大輔投手は年俸4億円から、3億8500万円下がる年俸1500万円での入団だった(金額は推定)。

Full-Count編集部

最終更新:2018/12/18(火) 18:01
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/24(金) 7:45

あなたにおすすめの記事