ここから本文です

モデルのローラさんが辺野古工事停止の署名呼び掛け 「埋め立て止めることができるかも」

2018/12/18(火) 13:40配信

沖縄タイムス

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設をめぐり、来年2月24日の県民投票まで工事を停止するようトランプ米大統領に求める電子署名活動で、モデルでタレントのローラさんが写真共有アプリ「インスタグラム」で署名を呼び掛けた。

【もう見られない?】辺野古の海、水中の神秘的な世界

 18日早朝、インスタグラム内のストーリーに「We the people Okinawa で検索してみて。美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう」と投稿された。

 署名は、8日の開始から30日以内に10万筆が集まれば、ホワイトハウスが請願内容など対応を検討する。

 署名は18日午後1時20分現在、9万7622筆集まっている。

最終更新:2018/12/21(金) 9:35
沖縄タイムス

あなたにおすすめの記事