ここから本文です

「PayPayの認知、利用意向はダントツ」 ソフトバンク宮内社長

2018/12/19(水) 21:19配信

ITmedia NEWS

 「PayPayの名称認知、サービス理解、利用意向はダントツで1番」――ソフトバンクの宮内謙社長は12月19日に開いた上場会見で、QRコード決済サービス「PayPay」についてそう話した。同社の調査によれば、12月4日から展開した「100億円あげちゃうキャンペーン」の効果で、他社の決済サービスと比べて名称の認知率などが大きく上がったという。

PayPayと他社の決済サービスの比較(ソフトバンク調べ)

 キャンペーンは、支払い額の20%か、最大10分の1の確率で全額をポイント還元するというものだった。PayPayのサービスを始めた10月時点で計画していたという。期間は来年3月までを予定していたが、用意した100億円を10日間で使い果たし、13日夜に終了した。宮内社長は会見で「もう少し長くいけると思っていた」と話した。

 一方、PayPayの決済方法にクレジットカードを追加する際、セキュリティコードの入力回数に制限がなかったことについて、宮内社長は「至らない点があり、おわび申し上げる」と謝罪した。

 ネット上では11日ごろから「PayPayで、クレジットカードが不正利用された」という報告が相次いでいた。セキュリティコードの入力を何度間違えてもロックされない仕組みだったため、総当たり攻撃が可能ではないか、という声も出ていた。こうした事態を受け、PayPayは18日、セキュリティコードの入力回数に制限を設けた。

ITmedia NEWS

最終更新:2018/12/19(水) 21:19
ITmedia NEWS

あなたにおすすめの記事