ここから本文です

日本人の生産性、47年連続G7で最下位に その理由は?

2018/12/19(水) 14:10配信

BuzzFeed Japan

日本人の2017年の労働生産性が47年連続、主要先進7カ国(G7)で最下位だったことがわかった。公益財団法人・日本生産性本部が12月19日、発表した。アメリカと比べると3分の2程度しかない。いったいなぜ、日本人の生産性はここまで低いのだろうか。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

【グラフ】主要国と日本の生産性を比べると…

そもそも生産性とは、労働者一人あたりが生み出す成果や1時間で生み出す成果を指標化したもの。

付加価値や生産額を、労働者数や総労働時間(日本の場合はパートも含む)で割る。購買力平価という国際的な値を用いて円ドルを換算している。

日本生産性本部の発表によると、OECD加盟36カ国でみると、2017年の日本人の労働生産性は時間当たりが4733円で20位、1人当たりが837万円で21位だった。

時間当たりは名目ベースでは前年より1.4%上昇しており、過去最高を記録している。しかし他国も同様に上昇傾向にあり、その差が縮まったとは言えない。

1位のアイルランド(時間当たり9710円)や2位のルクセンブルク(同9430円)は突出している。Google、Apple、Facebook、Amazonを指す「GAFA」の欧州法人が集まっていることや、法人税の低さなどが影響しているという。

6位だったアメリカは時間当たりが7169円、一人当たりは1266万円だった。

日本の生産性は1990年にはアメリカの4分の3まで迫っていたが、2000年大に7割前後に低下、10年代は3分の2まで落ち込んでいる。

なんで、そんなに低いの…?

日本生産性本部の上席研究員、木内康裕さんはBuzzFeed Newsの取材に対し、日本の問題点をこう指摘する。

「そもそも生産性が高かった製造業の低下が、大きな要因になっています」

日本の製造業の生産性は1995年には1位だったが、2000年代から急激に低下。05年は8位、16年には15位までに落ち込んだ。

これは「中国などのアジア諸国との低価格競争に巻き込まれた」ことが原因だという。木内さんは、続ける。

「ただ、それ以上に問題なのがサービス業です。アメリカの半分程度と、大きな格差が生じています」

1/3ページ

最終更新:2018/12/20(木) 10:27
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事