ここから本文です

ホークス長谷川勇は1億円減、ヤクルト雄平は初の1億円…20日の主な契約更改

2018/12/20(木) 22:55配信

Full-Count

雄平は来季17年目で初の1億円プレーヤーに

 プロ野球界では20日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。ソフトバンクでは長谷川勇也外野手が、野球協約で定められた減額制限(1億円以上は40%)を超える1億円減となる年俸1億円で契約を更改した。

【写真】「またパトロール行こう」…ヤクルトから移籍の秋吉がつば九郎との“思い出”2ショット写真を公開

 2013年に198安打で最多安打のタイトルを獲得した長谷川勇だが、その後は足首の怪我もあって出場機会が減少。今季も55試合の出場にとどまったものの、打率.287、5本塁打20打点を記録し、勝負強い打撃はまだまだ健在だった。

 ヤクルトでは雄平外野手が4000万円増の年俸1億円でサイン。17年目で初めて1億円の大台に到達した。今季は自己最高の打率.318、11本塁打67打点の好成績をマーク。チームの2位躍進を支えたことが評価された(全て金額は推定)。

Full-Count編集部

最終更新:2018/12/20(木) 23:05
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事