ここから本文です

照射受けた場所は日本の排他的経済水域内

2018/12/21(金) 20:10配信

共同通信

 防衛省によると、海上自衛隊の哨戒機が韓国側から火器管制レーダーの照射を受けたのは、日本の排他的経済水域(EEZ)内だった。領海内ではなかった。

最終更新:2018/12/21(金) 20:10
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事