ここから本文です

韓国軍による自衛隊機へのレーザー照射に「極めて遺憾」 岩屋防衛大臣

2018/12/21(金) 19:21配信

AbemaTIMES

 20日、海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から火器管制レーダーの照射を受けていたことを受けて、岩屋毅防衛大臣が緊急会見を開いた。

 レーダーの照射を受けたのは20日午後3時ごろ、能登半島沖の海上で、岩屋防衛大臣は「火器管制レーダーの照射は、基本的に実際の火器の使用に先立って実施する行為。これを相手に照射することは、不測の事態を招きかねない、極めて危険な行為であると認識している」とコメント。きょう韓国側に強く抗議を行ったとし、「今回の事案が発生したことは極めて遺憾であり、再発防止を強く求める」と述べた。

最終更新:2018/12/21(金) 19:21
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事