ここから本文です

日本「韓国軍が自衛隊哨戒機に射撃統制用レーダー照射」抗議

2018/12/22(土) 10:31配信

ハンギョレ新聞

20日午後3時頃、東海で 日本防衛省「きわめて危険な行為」抗議

 韓国軍の艦艇が東海上で自衛隊の哨戒機に向けて射撃統制のためのレーダーを照射したとし、日本政府が強く抗議した。

 日本の岩屋毅防衛相は21日夕方、東京の防衛省で記者会見を行い「20日午後3時頃(本州中部の)能登半島海域で警戒監視中だった自衛隊のP1哨戒機に、韓国軍の駆逐艦が火器統制用のレーダーを照射した」と述べた。彼は続けて「火器統制用レーダーの照射は、実際に火器を使う直前にする行為だ。これは予想できない事態を招きかねないきわめて危険な行為」として「事態の重大さを勘案し韓国政府に強く抗議した」と話した。防衛省はホームページでも「韓国海軍の広開土大王艦が、海上自衛隊の第4航空群所属のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した」と伝えた。

 日本防衛省は、駐日韓国大使館と韓国外交部に強い遺憾の意を伝えたことが把握された。岩屋防衛相は、今回の事態が発生した場所は独島(日本名・竹島)からは「相当な距離がある所」だったとし、レーダー照射は「P1哨戒機は目視で確認した」と話した。日本は、中国と領土紛争が続く尖閣列島(中国名 釣魚島)周辺海域で、中国海軍が撃つ射撃統制用レーダーに頭を痛めてきた。

 当時の状況は20日、独島北東方向100キロメートル地点の公海上に北朝鮮の船舶が漂流しているという情報により、韓国の海洋警察と共に海軍の駆逐艦が出動し捜索作業を10時間近く実施している過程で発生したという。韓国軍関係者は「当時、波が高く気象条件が良くなく、駆逐艦のすべてのレーダーを総動員していた」として「この過程で射撃統制レーダーについた探索レーダーが360度回転し撃った信号が日本海上自衛隊のP1哨戒機に探知されたものと理解する」と話した。日本が主張するように射撃統制レーダーがP1哨戒機を直接狙ったわけではないということだ。岩屋防衛相は、韓国側に意図を尋ねたが応答がなかったと話した。しかし、韓国軍関係者は「人道主義的救助のための措置だったことを東京駐在武官を通じて日本政府に十分説明した」として「防衛相まで出て問題提起するとは理解しがたい」と付け加えた。海軍と海洋警察は、長い時間の捜索作業の末に北朝鮮船舶を確認し、漂流で疲れた船員を救助した。

 韓国側の説明にもかかわらず、日本の防衛相が事件の翌日に記者会見まで開いたことは、この問題を外交的に争点化する意図を明確にしたものと分析される。韓日関係の冷却局面の中で、韓国の立場を弱体化させうるカードと判断したものと見ることができる。

東京/チョ・ギウォン特派員、ユ・ガンムン先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:2018/12/22(土) 10:31
ハンギョレ新聞

あなたにおすすめの記事