ここから本文です

パリ・サンジェルマン、ネイマールかエムバペの売却が必須?

2018/12/24(月) 20:55配信

SPORT.es

パリ・サンジェルマン(PSG)は、収益バランスを取る必要がある。

UEFAとFIFAは、PSGがファイナンシャル・フェアプレーを遵守できるかどうか目を光らせている。

「ネイマールとエムバペは2大スター後継者」敵将が称賛

フランス紙『Le Figaro』によれば、PSGは、スター選手一人の売却が必須であり、もしそれが行えなければ、UEFAによる処罰が下ることになる。

PSGは、ファイナンシャル・フェアプレーという問題に直面しており、解決策を見出す必要があり、1億7,000万ユーロ(約215億円)を捻出しなければならない。

それゆえに、『Le Figaro』は、PSGがスター選手売却の報道をしており、ファイナンシャル・フェアプレーを遵守するためにもネイマールかキリアン・エムバペのどちらかを売却しなければならないとしている。

もし、チャンピオンズリーグで戦い続けたければ、それが可能な解決策である。

現在、PSGは仲裁裁判所の決定を待っている状況であり、UEFAがカタールからのスポンサー収入を認めない中、フランス王者は収入源を見つけなければならない。

そのような背景から約1億7,000万ユーロ(約215億円)捻出するためにその額での選手売却が必要である。

そして、現状の移籍マーケットで最も欲されている選手がネイマールであり、レアル・マドリーの獲得候補に上がっている。

また、PSGがその将来性を高く評価し、ファンからもより愛されているエムバペ売却という可能性もある。

(文:SPORT)

最終更新:2018/12/24(月) 20:55
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事