ここから本文です

フライト前の4分15秒、観客の目が釘付け…全日空「あのビデオ」が話題 YouTubeに出さない理由は

1/1(火) 7:00配信

withnews

 その日のフライトは、離陸までの4分15秒、乗客の目が釘付けになりました。「か、歌舞伎?」。いつもの「あのビデオ」のはずなのに……。全日空(ANA)のちょっとした挑戦が話題を呼んでいます。あえて「YouTube」には流していない「レア映像」。年末年始の旅行シーズンです。1月1日出発便からは、国際線でも一新されるという取り組みの狙いとは?(朝日新聞記者・岩崎賢一)

【画像特集】これは気になる! 歌舞伎仕立てになったANAの「あのビデオ」、隈取りした面を外すCAも

どうしたら見てもらえるのか?

 昨年の12月6日、羽田発、那覇行のANAの777に乗り、機体が動き出すと、思わず天井から降りてきたモニターを見入ってしまいました。

 離陸までの4分15秒。周囲の人たちも顔を上げていました。

 歌舞伎の鳴物が流れる中、隈取をした面がゆっくりずらされると、客席の乗客を見つめる客室乗務員が映し出される――。

 そう、これは離陸前の機内安全ビデオです。ANAは、安全ビデオを歌舞伎仕立てにリニューアルしたのです。

 「安全が一番大事なことですが、残念ながらこれまでは機内安全ビデオを見られない方が数多くおりました。どうしたら見てもらえるか。訪日する海外のお客さまが増える中で、日本の伝統文化も伝えられたら、と考え、東京オリンピックの2020年を前に刷新しました」

 こう説明してくれたのは、ANAブランド戦略部のリーダー、寺澤正道さんです。

エンターテイメント性に優れた海外のエアライン

 なぜ、これまでの機内安全ビデオは乗客に見てもらえなかったのでしょうか?

 寺澤さんは「安全は当たり前であり、お客さまもビデオを見る必要性を感じてもらえなかったのかもしれません」と言います。

 「飛行機に乗る理由も、身近になり、生活の一部になっているということもあると思います」

 前回リニューアルされたビデオは、2015年。ただし、海外のエアラインのような、エンターテイメント性に優れて、様々なバージョンを作るまでには至っていませんでした。

 そこで今回、「日本らしさ=歌舞伎」となったわけです。

 国内線は12月1日出発便から、エアバスA320、737-500、DHC8-Q400の3機種を除き、上映されています。11月29日現在、ANAブランドで就航する267機中、227機で見ることができます。

1/3ページ

最終更新:1/1(火) 7:27
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事