ここから本文です

バチェラー出演でアメリカでも大人気になったゆきぽよが語る 「自分を貫きつづける原動力」

2018/12/25(火) 10:27配信

新R25

2017年、恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン シーズン1』(Amazon Prime Video)に出演。

さらに2018年2月、8月と本家アメリカの『バチェラー・ウィンターゲームス』『バチェラー・イン・パラダイス』にも出演し、話題となったゆきぽよ(木村有希)さん。


その派手な見た目からもわかるように、彼女は“絶滅危惧種”レベルのゴリッゴリのギャル。きっと周りから冷ややかな目を向けられることもありそうなのに…どうしてそんなに自分らしく生きられるんでしょうか?

そこで今回は、バチェラーやアメリカ版バチェラーの出演、さらには「彼氏が留置所に行っちゃう」発言などをゆきぽよさんと振り返りながら、“周囲に流されず、自分を貫きつづける原動力”について聞いてきました。

ゆきぽよ(木村有希)さんのプロフィール・経歴

本名:木村 有希(きむら ゆき)
生年月日:1996年10月23日
年齢:22歳(2018年12月時点)
職業:モデル・タレント
出身地:神奈川県
血液型: O型
身長:158センチメートル

経歴:

2012年 高校在学時に雑誌『egg』の読者モデルとしてデビュー

動画配信サービス『vine』での投稿が6000万回再生され話題となり、一躍ギャル界のカリスマ的存在に

2017年 『バチェラー・ジャパン』に出演

2018年2月 アメリカ版バチェラー、『バチェラー・ウィンターゲームス』に日本人唯一の出演

2018年8月 アメリカ版バチェラー、『バチェラー・イン・パラダイス』に日本人唯一の出演

唯一の“ギャル”。だからバチェラーではチャンスだった

宮内:
ゆきぽよさんが初登場したシーンで、久保さんに語りかけた「ギャル、好き?」という言葉がとても印象的でした。
でも白状すると、「…いや、どう見ても久保さんのタイプじゃないだろ!!」とツッコんでしまった視聴者の1人です(笑)。
正直、その後の展開はいい意味で裏切られっぱなしでした。

ゆきぽよさん:
ギャルだから、久保りん(久保裕丈さんの愛称)の印象にはめちゃくちゃ残りやすくて「ラッキー、チャンスじゃん」って思ってました。

宮内:
ポジティブですね! 実際に得したこともあったんですか?

ゆきぽよさん:
まず、スタッフさんに挨拶したら褒められる。頭下げたら褒められる。ほかの人と比べて、スタート位置が低いんですよね。
さすがに収録ではないですけど、プライベートで遊ぶ時なんかは、遅刻しても「ギャルだから仕方ないわ」で済んじゃいます(笑)。
そうやって期待されてない分、ガツガツいけるんですよ。
もりもり(森田紗英)とか(蒼川)愛ちゃんは、久保りんにすごい気を使ってたじゃないですか。ギャルはね、そんなんじゃないんです。「なんとかなるから大丈夫」っていうマインドだから。

宮内:
バチェラーを通して、視聴者から「ギャルは苦手だけどゆきぽよならいける」という声も多くあがっていたそうですね。

ゆきぽよさん:
うれしかったです。でもそれも、変にかしこまらずに自然体で参加できたからなのかな。
久保りんは「ギャルは見ず知らずの生物だけど」って言いながら、すごく内面を見てくれた。だから変に「ちゃんとしなくちゃ」って思わなかったのもよかったんだろうな。

1/4ページ

最終更新:2018/12/25(火) 10:27
新R25

あなたにおすすめの記事