ここから本文です

「みんな、SNSに洗脳されすぎ!」渡米して唯一無二になったkemioの“等身大な発信哲学”

2018/12/25(火) 12:03配信

新R25

「どこまで~いっても~渋谷は日本の東京~~♪」

皆さんはもう、ピースサインを左から右へ流してこの曲を踊りましたか?

2018年、“SNS上で若者から最も注目された人物”と言っても過言ではないkemioさん。

「平成終了前にウチらでひと波起こすよ」という宣言の後、11月2日にリリースされた『どこまでいっても渋谷は日本の東京』は、あっという間にLINE MUSICで1位を獲得し、11月19日にYouTubeで公開されたMVはすでに130万再生を突破しています(12月24日時点)。

同曲でも「ウザめなあいつに言える言葉は、スワイプして消すよ。バイバイ~」と歌っているように、嫌なものは「嫌だ」とハッキリ意思表示するスタイル。

ありのままで配信し続け、まったく飾らないのに、炎上するどころか好感度がぶち上がり。このただならぬ愛され力って、どこから来てるの!?

〈聞き手:ライター・星佑貴〉

星:
いつもkemioさんの動画を見て、たくさん笑わせてもらっています。今回はお会いできて光栄です!

kemioさん:
え~~本当ですか! うれしいです。ありがとうございます。

星:
Vineで活躍されてたときって、面白い服を着るなど、もう少しお笑い要素が強かったと思うんですが、今はインスタもすごいおしゃれですよね。

意識してシフトチェンジされたんですか?

kemioさん:
う~ん、特に意識したことはなくて、単純に年齢が上がるにつれて好きなものが変わっていったんですよね。

だからつくろってるわけじゃなくて、ありのままです。

僕、アップするものは全部「友達にシェアする感覚」なんです。今日こんなことあったよ~とか、最近気になってることとか。

見てくれている人の好みに合わせて、わざと狙った投稿をすることはないです。YouTubeも日記みたいな感覚でやってます。

星:
すごく素だなぁ…と思っていましたが、“ファンと自分”じゃなくて、完全に“友達同士”の目線で発信しているんですね。

今日は、そんなkemioさんのSNSにまつわる哲学について知りたいです!

1/3ページ

最終更新:2018/12/25(火) 12:03
新R25

あなたにおすすめの記事