ここから本文です

中島翔哉は断念か…ウルブス、代わりにブルマを獲得へ

2018/12/25(火) 22:16配信

ゲキサカ

 日本代表MF中島翔哉の獲得に動いていたとされるウォルバーハンプトンだが、対象は他の選手に移ってしまったのかもしれない。ポルトガルメディア『レコード』はライプツィヒに所属するMFブルマの名を挙げている。

 ポルティモネンセに所属する中島は今季ここまで12試合で5ゴール6アシストを記録。昨季から続くハイパフォーマンスで市場価値はうなぎ上りとなっており、国内外の強豪クラブから熱視線が送られている。

 その中でも最有力候補はプレミアリーグのウォルバーハンプトン。ホジネイ・サンパイオ会長も「80%の確率でウルブスに行くだろう」とコメントしたこともあり、契約は最終交渉に達しているとみられていた。

 ところが記事によると、懸念材料となったのは移籍金。ポルティモネンセが設定している違約金は約4000万ユーロ(約52億円)と高額で、ウォルバーハンプトンの求める額とは約20%の開きがあったようだ。

 また、中島が2月上旬までアジアカップでチームを離れることも問題視された様子。他にもシャフタール、パリSG、セビージャ、またトルコの数クラブが関心を持っているとされるが、今冬の移籍にはまだまだ動きがありそうだ。

最終更新:2018/12/25(火) 22:16
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事