ここから本文です

新スーパー戦隊は恐竜×騎士!「騎士竜戦隊リュウソウジャー」来年3月スタート!

2018/12/26(水) 5:00配信

シネマトゥデイ

 東映・スーパー戦隊シリーズの第43作目となる「騎士竜戦隊リュウソウジャー」が2019年3月17日よりテレビ朝日系でスタートすることが26日、明らかになった。「恐竜」と「騎士」をモチーフとした、新たなヒーローの活躍が描かれる。

【動画】ルパンレンジャー3人が座談会トーク!

 リュウソウジャーは、古代から地球を守りつづけてきたリュウソウ族の騎士として、相棒の恐竜=騎士竜の力を使いこなして戦うスーパー戦隊。6,500万年前の地球を力で支配し、再びこの星を我が物にしようと舞い戻ってきた悪の種族、ドルイドン族に戦いを挑む。

 ティラノサウルスの力を持つリュウソウレッド、トリケラトプスの力を持つリュウソウブルー、アンキロサウルスの力を持つリュウソウピンク、さらに架空の恐竜であるタイガーサウルスの力を持つリュウソウグリーン、ニードルサウルスの力を持つリュウソウブラックの5人編成。「正義に仕える5本の剣(つるぎ)!」 を決めゼリフに、恐竜の力を身にまとう騎士へと変身する。

 マスクは、恐竜と西洋騎士の兜をアレンジしたデザインを採用。リュウソウケンと呼ばれる剣を携え、個々の性格に合わせたスタイルのソードアクションを披露する。さらに、リュウソウケンに騎士竜の力が込められたアイテム・リュウソウルを装填し、その力に応じた武装“竜装”をすることが可能で、タイトルの「リュウソウジャー」には、恐竜の力を身にまとって戦う騎士・竜装者という意味も込められている。

 脚本は、映画『不能犯』『honey』やドラマ「遺留捜査」「銀と金」などを手掛けた山岡潤平。パイロット監督に「仮面ライダーエグゼイド」「仮面ライダービルド」など平成仮面ライダーシリーズを手掛けてきた上堀内佳寿也を起用するなど、スーパー戦隊シリーズを初めて担当する顔ぶれが、新たな息吹をもたらす。

 子供たちから絶大な支持を得ている恐竜は過去のシリーズでもモチーフに採用され、「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992年)、「爆竜戦隊アバレンジャー」(2003年)、「獣電戦隊キョウリュウジャー」(2013年)を生んだ。いずれのシリーズも好評を博しており、その人気モチーフに義の魂をそなえた「騎士」をかけ合わせた新たな恐竜戦隊にも期待がかかる。(編集部・入倉功一)

「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は2019年3月17日よりテレビ朝日系で放送開始(毎週日曜・午前9:30~10:00)

最終更新:2018/12/26(水) 14:48
シネマトゥデイ

あなたにおすすめの記事