ここから本文です

【シンガポール】ヒューマン、ロボット教室を開設

2018/12/26(水) 11:30配信

NNA

 人材・教育・介護事業などを手掛けるヒューマンホールディングス(HD、東京都新宿区)は25日、子ども向けのロボット教室をシンガポールに開設したと発表した。同社にとって東南アジアで初のロボット教室になるという。
 中心部にあるタングリン・ショッピングセンターに「KOMABAロボット教室」を24日に開設した。さらに2カ所で教室を開く予定で、シンガポールでは全3教室を展開する計画。タイ、ベトナムでも開設を進めていく。
 ヒューマンHDが2009年に展開を開始したヒューマンアカデミーロボット教室では、ロボット製作を通じてプログラミングの基礎を学ぶことができる。日本国内では11月現在、2万2,000人以上の子どもたちが1,300余りの教室で学んでいるという。
 日本国外では、台湾と中国本土にも進出済みで、計40教室で500人以上が学んでいる。
 ヒューマンHDは、20年までに日本を含む世界10カ国・地域以上でロボット教室を展開することを目標に掲げている。

最終更新:2018/12/26(水) 11:30
NNA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事