ここから本文です

元AKB7代目じゃんけん女王・田名部生来 1月開催「大相撲展」にワクワク

2018/12/26(水) 16:33配信

東スポWeb

 元AKB48で7代目じゃんけん女王でもある田名部生来(26)が25日、初場所(1月13日初日)を前に開催される「大相撲展」(1月2~6日、池袋サンシャインシティ文化会館ビル4階展示ホールB)をPRするため、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れた。

 同イベントでは歴代の名勝負の紹介や化粧まわし、懸賞幕などの実物展示のほか、“スージョ”歴5年で大相撲展サポーターを務める田名部のお宝も展示されるという。田名部は「じゃんけん女王になったとき、角界の方からもお祝いしていただいて、振分親方からは徳利を、行司の木村玉治郎さんから江戸文字で私の名前を書いてもらったんです!」とコレクションを自慢。2日午後4時からは西前頭6枚目阿武咲関(22=阿武松)とトークショーをすることが決まっており、「年下だし、期待されている若手力士の方と何を話そうかワクワクしてます。再現された土俵に上がるのも楽しみ」と胸を躍らせた。

 なお、同日に販売される「大相撲福袋」をトークショーまでに購入した方の中から抽選で10人に田名部とのチェキ券が当たる。また、「東スポ見た」と伝えた上で「田名部にどすこい!」とキーワードを伝えた先着5人は田名部と一緒に餠つきに参加できるぞ。

最終更新:2018/12/27(木) 18:47
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事