ここから本文です

札幌山の手、節目の花園通算10勝目へ 高校日本代表候補・シンクル「先手で仕掛ける」

2018/12/27(木) 5:45配信

スポーツ報知

 第98回全国高校ラグビーが27日、大阪・花園ラグビー場で開幕する。2年ぶり17度目出場の南北海道代表・札幌山の手は、1回戦(27日)で熊本西(熊本)と対戦。花園通算10勝目となる5年ぶり勝利を目指す。

 直前合宿地の福岡から、25日に大阪入り。佐藤幹夫監督(57)は「FW戦がポイント。集散の速さ、接点の強さで相手を上回り、主導権を握りたい」と抱負を口にした。

 FWサイズは山の手が平均176.6センチ、93.6キロ。熊本西も同177.9センチ、94.1キロで共に大型だ。山の手FWの中心、187センチ、110キロの高校日本代表候補ロックのシンクル寛造(3年)は「相手はモールが強いが、先手、先手で仕掛けていきたいです」と闘志。センターの繁松秀太主将(3年)も「スローガンは鬼のディフェンス。ハードタックルで相手FWの突進を防ぎ、初の2回戦突破を目指したい」と気合を入れた。(小林 聖孝)

最終更新:2018/12/29(土) 0:12
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事