ここから本文です

絢香の武道館公演に篠原涼子登場「歌っていいですか?」

2018/12/26(水) 23:53配信

オリコン

 シンガー・ソングライターの絢香が26日、全国ツアー『絢香“30 y/o”Tour 2018-2019』の東京公演を日本武道館で開催した。アンコールでは、絢香が主題歌を提供した映画『人魚の眠る家』で主演を務めた篠原涼子が花束を持って駆けつけるサプライズで1万人の観客を沸かせた。

【写真】1万人の観客の声援にノリノリだった篠原涼子

 絢香は約3年半ぶりとなるオリジナルアルバム『30 y/o』(11月発売)を携え、今月16日の大阪城ホールから全国ツアーをスタート。12月26日に日本武道館公演を行うのは5年連続となる絢香は、篠原主演映画の主題歌として書き下ろした「あいことば」をはじめ、ニューアルバム収録曲を中心に全16曲を熱唱した。

 アンコールではサプライズゲストとして篠原が登場し、大歓声があがった。2人は映画『人魚の眠る家』がきっかけで、プライベートでも親交を深めたという。1万人の観客を前にテンションが上がった篠原は「歌っていいですか?」とノリノリ。映画の撮影では「あいことば」の「曲を聴きながら、歌詞を感じながら演じた」と明かし、この日のライブで絢香が同曲を歌った際には、グッとこみ上げるものがあったと話した。

 絢香は篠原に感謝を伝え、「『人魚の眠る家』に出会えなければ、『あいことば』という曲は生まれなかった。本当にすばらしい作品です」としみじみ。最後はハグをして篠原を送り出した。

 同ツアーは来年4月21日の福岡サンパレスホテル&ホール公演まで。3月27日の大阪フェスティバルホール公演が追加となり、22会場計28公演が行われる。

最終更新:2018/12/28(金) 3:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事