ここから本文です

“超”がつく異常事態! 日経平均株価は今年最大の下落率に

2018/12/26(水) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は5日続落、一時19,000円割れ目前まで売られる

2018年12月25日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 19,155円(▲1,010円、▲5.0%) 大幅5日続落
 ・TOPIX 1,415.5(▲72.6、▲4.9%) 大幅5日続落
 ・東証マザーズ総合指数 757.0(▲54.0、▲6.7%) 大幅3日続落
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:27、値下がり銘柄数:2,096、変わらず:8
 ・値上がり業種数:0、値下がり業種数:33
 ・年初来高値更新銘柄数:0、年初来安値更新銘柄数:1,588
東証1部の出来高は17億1,656万株、売買代金は2兆6,167億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。米国株の急落が一向に歯止めがかからないことに加え、比較的落ち着いていた為替相場が急速な円高に振れたことなどから、リスクオフムードが一気に高まり、投げ売りが相次いだようです。

外国人投資家の多くがクリスマス休暇で参加していなかったことを踏まえると、2兆6,000億円超の売買代金は高水準だったと言えましょう。

そのような中、日経平均株価は終値で▲5%超安の暴落となりました。大引け直前には一時▲1,048円安(年初来安値更新)まで下げて、20,000円どころか19,000円割れも視野に入る場面も見られました。

終値では何とか19,000円台は維持しましたが、大幅5日続落となって今年最大の下落率で引けています(それまでは3月23日の▲4.5%)。また、終値は約1年8カ月ぶりの安値水準でした。

なお、TOPIXも同じような値動きで5日続落となりました。東証1部上場の98%超が下落し、なおかつ、約75%の銘柄が、年の瀬のこの時期に年初来安値を更新する“超異常事態”となっています。

東証マザーズ総合指数は大幅3日続落、売買代金は4日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は9,141万株、売買代金は1,158億円となりました。出来高は先週末より増えましたが、売買代金は減っています。新興市場でも投げ売りが続いた結果、売買代金は4日連続で1,000億円を超えました。

ただ、主力株を中心に投げ売りが嵩んだことにより、総合指数は▲7%安に迫る大暴落となりました。終値も800ポイントを大きく割り込んでおり、2016年2月以来となる安値水準です。今後は個人投資家の物色意欲の回復が大きなカギになると思われますが、それには相当な時間を要しそうです。

1/2ページ

最終更新:2018/12/26(水) 23:15
LIMO

チャート

ソフトバンクグループ9984
9853円、前日比-337円 - 6/18(火) 15:00

チャート

ソフトバンク9434
1409円、前日比+3円 - 6/18(火) 15:00

チャート

ダイキン工業6367
13705円、前日比-150円 - 6/18(火) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事