ここから本文です

日本海側や西日本で雨や雪 ”年末寒波”への備えも早めに

2018/12/26(水) 5:27配信

ウェザーマップ

 きょう26日(水)は全国の広い範囲で雲に覆われ、日本海側は雨や雪が降る見込み。午前中は、九州や四国でも雨雲のかかる所がありそうだ。なお、あす27日(木)以降は年末寒波の影響で、日本海側で大雪のおそれがあるほか、太平洋側でも雪が降り、積雪の可能性がある。早めの備えを心がけたい。

 きょうは、北陸から北の日本海側では、断続的に雪や雨が降る見込み。北海道では夕方から風も強まるため、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に警戒が必要となる。
 また、西日本の日本海側や九州、四国でも、午前中を中心に雨となる所がありそうだ。沖縄は日中いっぱい雨で、雷を伴って非常に激しく降る所もある見込み。そのほかの地域も雲が広がりやすく、スッキリしない天気となりそうだ。

西日本は気温ダウン 昼間も空気が冷たい

 日中の最高気温は、西日本を中心にきのう25日(火)より低くなる予想。日差しが少なく、昼間も空気が冷たく感じられそうだ。厚手のコートに加え、マフラーや手袋を活用するなど、暖かくして過ごしたい。

あすから”年末寒波”到来 早めの備えを

 あすから日本の上空およそ1500メートルに、北日本で-12℃以下、東・西日本で-9℃以下の強い寒気が流れ込む。このため、北日本から東日本にかけての日本海側を中心に大荒れの天気となって、猛ふぶき、大しけ、大雪のおそれがある。
 また、西日本や東海の太平洋側の平野部でも雪が降り、積もる可能性もある。普段あまり雪が降らない地域でも、冬用タイヤを準備するなど、早めの備えを心がけたい。
(気象予報士・石上沙織)

最終更新:2018/12/26(水) 5:31
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事