ここから本文です

鷹・甲斐は2500万円増、今宮は2.6億×4年 つば九郎が3000円増…26日の主な契約更改

2018/12/26(水) 23:05配信

Full-Count

甲斐は2度目の交渉で1000万円上積み、6500万円でサイン

 プロ野球界では26日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。2年連続の日本一に輝いたソフトバンクでは甲斐拓也捕手、今宮健太内野手ら4選手が契約を更改した。

【写真集】広瀬すず似の美女も…ヤフオクドームを彩る球場の華、総勢33人の売り子美女ギャラリー

 21日行った1度目の交渉で保留していた甲斐は、2度目の交渉で1000万円の上積みを勝ち取り、2500万円増の6500万円で契約を更改。今季133試合に出場し、打撃面では課題を残したものの、12球団トップの盗塁阻止率.447をマークした守備面を高く評価された。

 今宮は4000万円アップの年俸2億6000万円の4年契約で更改。今季、右肘や左太もも裏の故障でレギュラー定着後では最少となる99試合の出場に終わったが、来季中にも国内FA権を取得する見込みでもあり、破格の大型契約を結ぶことになった。2015年のドラフト1位の高橋は170万円減の1300万円、真砂は現状維持の620万円でそれぞれサインした。

 ヤクルトでは人気マスコットキャラクター「つば九郎」が契約更改交渉に臨み、3000円増の2万5000円プラスヤクルト製品飲み放題でサインした。

Full-Count編集部

最終更新:2018/12/26(水) 23:05
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事