ここから本文です

私立高校の初年度納付金平均額は73万986円、東京都が最高

2018/12/27(木) 11:45配信

リセマム

 文部科学省は2018年12月26日、平成30年度(2018年度)の私立の幼稚園と小学校、中学校、高校(全日制)の授業料調査結果を公表した。私立高校の初年度納付金の平均額は73万986円で、都道府県別にみると東京都がもっとも高かった。

平成30年度私立高校等の初年度納付金平均額

 平成30年度私立高等学校等授業料などの調査結果は、都道府県の協力により、平成30年度の私立の幼稚園と小学校、中学校、高校(全日制)の入学時における初年度納付金の一人あたりの平均額についてとりまとめたもの。幼稚園については、「子ども・子育て支援新制度」に移行していない私立の幼稚園が対象。

 私立学校の初年度納付金の平均額は、幼稚園が37万8,569円(対前年度増加率2.0%)、小学校が81万8,643円(同0.7%)、中学校が78万9,677円(同0.3%)、高校が73万986円(同0.4%)。

 高校の初年度納付金の平均額を都道府県別にみると、「東京都」が91万5,237円ともっとも高く、「神奈川県」91万4,037円、「兵庫県」84万3,794円が続いた。一方、「愛媛県」が47万4,392円でもっとも低かった。

 私立学校の受験料平均額は、幼稚園が2,668円(上昇率3.98%)、小学校が1万7,172円(同0.75%)、中学校が1万7,527円(同マイナス2.30%)、高校が1万5,988円(同マイナス0.12%)だった。

《リセマム 桑田あや》

最終更新:2018/12/27(木) 11:45
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事